2016年02月

今まで全くスマホケースには興味がなく、クリアケースをとりあえず買うがすぐに外してしまうという感じでした。
というのも、前のXperiaZだと、Z1などのマグネット端子がある端末と違いケースを付けているとクレードルを使えなかったということがあったり、そもそもほとんどのケースがダサく感じていたというのがありました。
続きを読む

もう修理〜返却の流れはいつも通りなので省略。

ただ今回はこれだけでは終わらなかった…

というのも、いつもならライセンス認証されて帰ってきていたが、今回はライセンス認証がされておらず、画面の右下に「Windows 8.1 with Bing」と常に表示されるようになってしまった。

これは非常に困る。

とりあえずいつも修理の後に必ず付いてくる紙切れに書かれている通りでバグの可能性があるということでWindowsUpdateを試みた。

結果的に成功しなかった。

そこでとりあえず電話をかける。

一度目の電話の流れは、
WindowsUpdateを該当ページにあるものを全て落とす→それでもできなかったら連絡

という感じだ。

早速試みたが、やはり上手く行かない。
そのため再び電話をかけたが、19時を過ぎてたためコールセンターが終わっていたためその日は断念した。

調べてみると、このような症状は何件もあり、WindowsUpdateで解決したものもあれば、初期化で解決したものもあり、また、再び修理に出す必要があるものもあった。


これ以上調べてもどうにもならなさそうだったので、次の日、再び電話をかけた。

話の流れとしては、ざっくりまとめるとこんな感じ

僕「昨日電話で聞いたとおりにしたがダメ」
Lenovo「プロダクトID教えて」
僕「はい」
L「確認します→再発行の可能性がある→一回切ります」

〜15分後〜
L「BIOSのメインボードのナンバー教えて」
僕「はい」
L「調べるので一回切ります」

〜5分後〜
L「プロダクトキー再発行できた」
僕「あざます」


思ったよりも大変だったが、結構サポートはしっかりしているな、という感じがした。

ただ、au回線から電話したせいもあるかもしれないが、ひたすらに音が悪くタイムラグもあったため、僕が言ったアルファベットが間違えて聞き取られていたり、なんと言ってるのか分からなくなるときがあった。

分かりやすく「ローマのR」という感じで言ってくれるのだが、しまいには「ロンドン(London)のR」という感じになり流石に疲れた。

正直もうこの手のライセンス認証はやりたくないですね、はい。


P.S.
Office認証はいつもどおり(電話で)簡単に(オペレータと話して)認証出来ました。

私はこの記事を書いて数ヶ月、快適にThinkPad8を利用していた。
ThinkPad8修理レポート(最後だといい)

だがある日、OTGケーブルが反応しなくなった。
そして充電が出来なくなった。

裏を開けてみたところ、金属端子が基盤から浮いていた。

仕方なく修理に出した。

続きを読む

image

HuaweiWatchを買って使い始めてから2週間程経ちました。
ほとんど環境が落ち着いてきたと思うので、そろそろレビューをしようと思いました。

まず、腕時計としてのHuaweiWatchということで、前まで使っていた(試験などのときにはこれからも使います)SEIKOの時計と比較してみます。
続きを読む

↑このページのトップヘ